大東建託の秘密! > 大東建託 いい部屋ネット

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託 いい部屋ネット

大東建託の入居者サービス

大東建託の管理物件のうち、アパート・マンションなど賃貸住宅の家賃ベース入居率は約95%前後で推移しているようですね。

全国の賃貸住宅の入居率は80%強といいますから、これは驚異的な入居率ですよ。

これだけの入居率を維持しているのは、入居者にとって他とは違う魅力があるんだと思います。

では、大東建託のホームページから、大東建託が入居者に提供しているサービスを見てみましょう。

■緊急対応サービス
大東建託グループでは、平日の夜間や休日等、営業時間外であっても、水漏れ・トイレのつまり等の設備トラブル発生による緊急連絡や緊急対応を可能とするため、夜間・休日「緊急対応センター」を開設しております。年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み等の長期休暇中への対応も安心です。

お問い合わせ先はコチラから。

■浄水カートリッジ定期購入サービス
キッチンの蛇口に【浄水器機能内蔵のシャワー水栓】を設置しているお部屋においては、交換時期に合わせて、4ヶ月毎に浄水カートリッジをお届けする『浄水カートリッジ定期購入サービス』をご利用いただけます。
右のバナーからお申込み下さい。
 カートリッジ定期購入の申込みはこちら
※お申込みページは㈱タカギにより運営されています。

■引越会社紹介サービス
お客様が引越される際、ご要望により、大東建託グループ提携の引越会社を紹介致します。ご紹介させていただくと複数の引越会社から、一番お値打ちな会社をお選びいただける経済性に加え“基本料金の10%以上”の割引もご利用いただけます。

■更新手数料無料
大東建託グループでは、末永くご入居いただくために、賃貸借契約を更新される場合も、更新手数料は無料です。(一部適用除外のお部屋もございます。賃貸借契約書にてご確認下さい。)

■お住み替え特典(居住用建物のご入居者様特典)
居住用建物にご入居中の個人契約のお客様ご自身が、大東建託へ直接、お部屋探しのお問い合わせをいただき、大東建託グループが管理する別の賃貸アパート・マンションにお住み替えされた場合、仲介手数料が無料となります。


この他にも、「連帯保証人不用プラン」や、「敷金0プラン」、「クォータリー賃貸」など、借りやすいプランがいろいろあるようです。

また、外国人の入居も積極的なようです。

今後も規模のメリットを生かしながら、肌理の細かい入居者サービスを考えてほしいですね。
スポンサーサイト

大東建託 いい部屋ネット

大東建託とアパート経営と税

大東建託ではアパート経営による相続税の節税効果について

相続税はどのくらいかかるのか?を考えていきます。


相続税とは、人が死亡した場合に遺産を相続した遺族等にかかる税金です。


通常、遺産総額に占める不動産の割合が大きいため、

アパート経営により、この税負担を軽減したり、

納税資金を得ることができます。


アパート経営による相続税の節税効果は、法定相続人の数により

(基礎控除額が変るため)、節税効果は変ってきます。


そして土地は路線価(又は固定資産税評価額)に基づき

評価額が決められ、他の遺産と合わせて

基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)

を超えると相続税が課税されます。

土地にアパートや賃貸マンションを建築した場合、

下記の割合を土地評価額から差し引くことができます。


借地権割合(一般に市街地ほど高い)×借家権割合(通常30%、一部地区で40%)


大東建託からいえることとして、

建築した建物(評価額は固定資産税評価額と同じ)にも相続税が

課税されますが、下記割合を建物評価額から差し引くことができます。

借家権割合(通常30%、一部地区で40%)

通常、固定資産税評価額は取得価額の40%ほどなので、

相続税評価額=取得価額×(1-0.4)×(1-0.3)となります。

相続税評価額が取得価額の約42%となり52%減額できるのです。

ここが一番のポイントです。

これはもちろん大東建託以外のアパート経営にもいえることです。


また、建築にともないローンを利用した場合には、

借入金を債務として遺産総額から減額できます。 (債務控除)


ケーススタディー として大東建託から提案しますと、

(例)相続税評価額1億円の土地に、

アパート(借入金7,000万円、建物の固定資産評価額3,000万円、自己資金0円)を建築した場合、

何もしない場合(更地)での相続税評価額は1億円

(子供2人が相続し、他に相続財産がない場合の相続税は350万円) になります。

つぎにアパート建築後の土地の相続税評価額 (借地権割合は60%とした場合)

土地:1億円×(1-60%×30%)=8,200万円・・・a

建物:3,000万円×(1-30%)=2,100万円 ・・・b

借入:▲7,000万円 ・・・c

相続税評価額:a+b+c=3,300万円 

(同条件での相続税は基礎控除額以内となるため0万円) というふうになります。

大東建託ではアパート経営をするに伴うあらゆる情報を提供しています。

大東建託 いい部屋ネット

大東建託でのアパート経営なら

 大東建託では、アパート経営をサポートしています。

以下、アパート経営をする際に必要な豆知識になります。


最初にアパート経営を建物賃貸事業といい

建物賃貸事業とは、ただ単に建物を建てるだけでなく、

入居者の確保や管理・運営など

多岐にわたる専門性が要求される事業です。


このためアパート経営はオーナー様の賃貸事業をサポートする企業の

運営能力やサービス内容が事業の成否を決めるといっても

過言ではありません。


大東建託グループでは、

アパート経営のために土地活用の専門会社として、

賃貸事業の企画・立案から建物の設計・施工、

入居者募集、管理・運営、賃貸経営における様々なリスク対応まで、

新しい30年一括借上で賃貸経営そのものをオーナー様に代わり

お引き受けする賃貸経営(アパート経営)受託システムを

用意しています。

そして、すべての分野に専任スタッフを配置し、オーナーの

建物賃貸事業の長期安心・安全・安定経営を約束しています。

そして全国展開している大東建託だからできる

全国の豊富なアパート経営の実例を紹介しています。

大東建託 いい部屋ネット

大東建託のアパート経営4

大東建託でのアパート経営に関して、大東建託でアパート経営を契約した方へ対し、

継続的に不動産経営をサポートしているかどうかも気になるところです。


大東建託では、100%近いアパート経営のお客様から賃貸物件の管理を受託するとともに、

入居者斡旋を行っているため、適正賃料の設定、入居者の確保、修繕・リフォームの提案等、

日常的なサポートを行っています。


また、事業収支計画のアップデート、確定申告サポートなどについても要望があれば、

それに応じて支援しています。


アパート経営の契約をして、売りっぱなしでほったらかされては、

アパート経営初心者の方々は困ってしまいます。

このような大東建託のサポート体制はすばらしいですね。


営業から、物件管理、確定申告のサポートまでしてもらえれば、

安心してアパート経営が出来ますよね。

個人的にひとつ気になるのが、

大東建託では定期的に物件の共用スペースなどの清掃などは行っているのかということですね。

実はそれも行っていたのです。

ここまで徹底した管理ならいうことなしですよ。

大東建託 いい部屋ネット

大東建託のアパート経営3

大東建託でのアパート経営を始める前に気になることが、

サブリースシステムや家賃保証・家主代行など

御社独自で請け負って販売されているのかといった、

管理体制のことですね。


大東建託では建築後の入居斡旋や管理・家賃保証などの

各種サービスを全て自社で提供しており、

特に入居斡旋力では、全国で800名を超える大東建託社員と

276の大東建託の店舗を有し、

エイブルやミニミニなどに次ぐ仲介実績を誇っています。


なお、大東建託では家賃回収、家賃改定交渉、契約更新、建物点検、

入居者からの24時間コールサービス等、

賃貸事業の管理サービスは、家賃の5%の料金で、

ほぼ全てのアパート経営のお客様から委託を受けています。


また、空室時家賃保証は、大東建託では100%出資の大東共済会にて

互助会的な組織として運営されています。

現在家賃の4%(居住用物件)の掛金で90%の保証を行っています。

これだけ保証されていれば、大東建託でのアパート経営は安心ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。