大東建託の秘密! > 大東建託 賃貸

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託 賃貸

大東建託の株価状況

建設業で多くの物件を持っており、アパート経営などもサポートしている大東建託ですが、

株価のほうはどうなっているのでしょう。


大東建託の最近の株価の状況です。

私も株価に対してはあまり詳しくないのですが少し紹介したいと思います。

2月8日の大東建託(1878)の株価、本日の終値は5,480円で、

前日の終値5,670円に比べて-190円(-3.35%)でした。

週初2月4日以来の騰落は0円で、月初2月1日以来の騰落も0円です。

週初来及び月初来の高値も共に5,970円(2/4)、安値5,430円(2/8)です。

株価収益率(PER)は16.79倍 、

純資産倍率(PBR)は2.56倍 となっています。

また、一株配当は94.00円/期で、配当利回りは1.66% です。


日々変動する株価ですので、

詳しい詳細など掲載しているページなどで

しっかりチェックしておきたいですね。


大東建託の株価も騰落したりしておりますが、たくさんの情報を得て、

失敗や損のない投資判断をしていきたいものです。


近いうちに大きな動きがある大東建託の株価は、

今は待機しておいたほうがいいんでしょうか?


今回の買収話では、時価総額の7,021億円を大きく上回る

買収額9,000億円が提示されたそうですから

これは単純に1株あたり7,267円となり

今週末の株価より1,787円も高くなります。


東証一部上場企業の大東建託です。

目が離せませんね。
スポンサーサイト

大東建託 賃貸

大東建託のクォータリー賃貸

大東建託には「クォータリー賃貸」というのがあるのをご存知ですか?


私も最近知ったんですが、大東建託のクォータリー賃貸とは、


礼金・敷金・仲介手数料・連帯保証人が不要、


家電・寝具付きのマンスリー賃貸が


さらにグレードアップした賃貸で、


法人契約はもちろん個人契約でも利用でき、


契約期間は利用ニーズの高い3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月をメインに、


また3ヶ月以上であれば、月単位で設定できる賃貸だそうです。



一番の特徴として、契約が簡単なのがあげられます。


通常の賃貸契約では、敷金や礼金を2ヶ月分ほどと、


連帯保証人も必要になるのに、


クォータリー賃貸だと気軽に契約できるのがいいですよね。


また、こんなに賃貸契約が簡単なのに、1LDK~3LDKと幅広い選択肢から選べて、

ワンルームでも平均25㎡という広さだそうです。


そして、すぐに生活が始められる最低限の備品も用意されていて、

中には清掃用品や食器類、洗濯用品に

炊飯器・電気ポット・掃除機まで用意してくれるそうです。

これなら買い物もあまりしなくていいので

引越しも楽でいいですね。


大東建託の


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


、とてもいいシステムだと思います。

大東建託 賃貸

大東建託と賃貸契約

大東建託では賃貸のほうもやっています。

貸倉庫や貸事務所などの事業用賃貸物件も仲介・管理しているようですが、

最近はアパートの賃貸がメインですね。


郊外の住宅街から繁華街までたくさんの場所に大東建託の賃貸アパートがあります。

外から見るかぎり、茶色を基調にした落ち着いた感じのおしゃれな建物が多く見られます。

カントリー風でかわいいと思います。

もしも、大東建託の物件が気にって、契約するとなったときのために、

一般的な賃貸契約の際に必要なものを紹介します。

賃貸契約はそうめったにあることじゃないので、わからないことも多いと思います。

1、印鑑(本人は認印可・保証人は実印)
2、身分証明書
3、入居する人の住民票
4、収入証明書
5、保証人の印鑑証明
6、お金
・敷金 家賃の1~3ヶ月分
・礼金 家賃の0~2ヶ月分
・仲介手数料 家賃の0~1.05ヶ月分
・前家賃 家賃と公益費・駐車場費の1ヶ月分程度
・損害保険料 1~2万円程度

などが、賃貸契約時に必要となります。

参考になった方がいたらうれしく思います。

大東建託での賃貸契約はまた異なる場合もあると思いますので確認してみてくださいね。

大東建託 賃貸

大東建託の賃貸内容

大東建託では、賃貸や売買など不動産関係の仕事内容を行っています。

賃貸では、ほとんどは大東建託が地主さんからアパート建築を受注し、

大東建託自身でアパートを建て、

完成後は地主さんすなわち家主さんのアパート経営を一括借り上げなどでサポートしています。


大東建託という会社名の由来は、

大東建託創立者の多田勝美が会社を大きく見せたいという思いから大東と命名しました。

建託とは、建物信託を意味する造語であり、その建物と信託の頭文字をとって、大東建託となったそうです。

たった四文字の漢字にそれだけの深い意味が隠されていたんですね。


また、大東建託は、「限りある大地の最有効利用を広範囲に創造し、実践して社会に貢献する」を経営理念として掲げています。

この経営理念を具現化していくため、賃貸住宅分野において、土地所有者と入居者双方のニーズを最大限に生かし、良質な賃貸住宅の供給に努めると共に、その周辺分野へも事業拡大して参ります。

 なお、事業活動に当たっては、経営の透明性・客観性を確保するため、積極的な情報公開に取り組み、株主や投資家にとっても信頼性の高い魅力ある企業を目指して参ります。

とのことです。

ぜひがんばっていただきたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。