FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページ

この成熟市場でこの積極経営!

大東建託(Daito Trust Construction Co.,LTD.)がここまで成長できたのは、共済会による家賃保証によるところが大きいと思いますが、

その共済会が解散のやむなきにいたり、家賃保証は大東建託(Daito Kentaku)による一括借り上げ(SubLease)に移行しました。

大東建託(Daito Kentaku)の売上に、その影響がどう出るか注目していたんですが、マイナス(-)になるどころか、売上は大きく伸びているようです。

支店数の増加や、それに伴う営業人員の増加ということもありますが、

逆境と思われる事態を、積極経営でプラス(+)にするところなどは、大東建託(Daito Kentaku)の面目躍如ですね。

現在は支店数が200、そして営業人員数も3,000名前後にまで増えています。

営業人員数が1,500名を超えたのが2001年だったように思います。

この成熟市場でこの積極経営!

ホームページ(HP)を見る限り、空家率の低さにも驚かされます。

確かに、徐々に空室が増えてはいますが、今年の5月度サブリース(SubLease)の入居率が95%超というのは大変な数字ですね。

でも、オーナーの不利益になる、家賃の値下げによるものかどうかが気になるところです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。