FC2ブログ

大東建託の秘密! > スポンサー広告 > リーマンから融資を受けていた大東建託の顧客は?

大東建託の秘密! > 大東建託 顧客 > リーマンから融資を受けていた大東建託の顧客は?

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託 顧客

リーマンから融資を受けていた大東建託の顧客は?

大東建託(Daito Trust Construction Co.,LTD.)の顧客に限らず、アパートやマンションを建築する人は、建築費用のほとんどを融資で賄います。

ただ、契約をした顧客のすべてが融資を受けられるとは限りません。

日本の金融機関の融資の条件には、担保の価値が融資額に見合うということがあります。

が、大東建託(Daito Kentaku)の顧客の多くは農家ですから、都市部より地方に多いんですね。

地方でも県庁所在地あたりはまだしも、もっと郡部にいくと土地の評価額が低く、金融機関が提示する担保に見合う融資額では建築できなかったり、そもそも門前払いされることもあります。

営業マンがせっかく契約を取ってきても、融資不調で解約になると、営業マンのモチベーションも下がってしまったり、経費だけがかかってしまったりということにになります。

また営業マンが契約欲しさに、「融資は大丈夫」といったトークを使うこともままあり、これが融資不調となった場合に顧客とのトラブルになることも多いんです。

その点、リーマンなどのノンリコースローン(nonrecourseloan)は、担保価値より事業の採算性を重視するので、郡部でも客付けのよい地域などは、融資を受けられるんです。

そこで大東建託(Daito Kentaku)はリーマンと提携し、顧客の融資チャネルの一つとして、いち早くノンリコースローン(nonrecourseloan)を導入したんです。

日本の金融機関の場合、担保に見合う融資額では当初の計画から規模を縮小することもあるんですが、リーマンの場合は逆に、家賃総額を増やすために規模を大きくしろといわれることもあったようです。

今回のリーマンの破綻は、リーマンのノンリコースローン(nonrecourseloan)を使った顧客にどんな影響があったんでしょう?

顧客個々には連絡があったんでしょうが、大東建託(Daito Kentaku)のホームページにはこの件に何も触れていません。

スポンサーサイト

<<品川イーストワンタワー大東建託の秘密!投資家連合、大東建託の全株式取得を断念!>>

<<品川イーストワンタワー大東建託の秘密!投資家連合、大東建託の全株式取得を断念!>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。